新 Lafu Nature

野鳥や山野草・風景など自然がいいんです

アキノタムラソウ  

シソ科のアキノタムラソウが咲きだしていました。この花も色を表現するのがなかなか難しくて苦労させられます。

P6294026-m.jpg
P6294030-m.jpg
P6294031-m.jpg
P6294038-m.jpg

スポンサーサイト

コクラン  

コクラン-ラン科、クモキリソウ属ってのが良くわかりますねぇ。葉なんてクモキリソウそっくり。
以前はわが家のすぐ近くの山にもたくさんあったのですが、最近めっきり少なくなってしまいました。見つけるのも苦労します。
P6284018-m.jpg
P6284019-m.jpg
P6284024-m.jpg

モウセンゴケ  

この赤い線毛には甘党の“あきみちゃ”も引き付けられそうです。あま~い粘液には虫たちだけではありません。
てなことはありませんが、モウセンゴケ、花はまだ咲いていませんでしたが、レンズの向こうに見える様はちょっと不思議な世界を見せてくれました。
P6233984-m.jpg
P6233986-m.jpg
P6233989-m.jpg

キツリフネ  

ここの街道では毎年まっ先にキツリフネの開花が見られます。違う場所で花探しをしていたのですが残念ながら目的の花は未だみられず、急遽こちらに回りこんだんです。ちょっと遅いくらいでもう虫達の餌食となったものもたくさん見られました。
毎回同じようにした撮れませんが、勘弁勘弁。
P6230037-m.jpg
P6230043-m.jpg
P6230045-m.jpg
P6233995-m.jpg
P6234000-m.jpg

ヨウシュヤマゴボウ  

ヨウシュヤマゴボウはなかなか面白い花だ。これと云って特別ではないのですが我らのあいだでは結構人気のある花なんです。
秋には黒い実をつけこれもまたイイのですがなんと言ってもこの花の色や形が何とも言えぬかわいらしさがあるんです。
P6233991-m.jpg
P6233993-m.jpg
P6234002-m.jpg
P6234003-m.jpg
P6234007-m.jpg

森の中で(水際に魅せられて)  

深い森の中で水際は一段と輝いて見えました。苔むした岩々や木々とのコラボは絶品でカメラを向けない訳にはいきません。
P6230006-m.jpg
P6230007-m.jpg
P6230017-m.jpg
P6230019-m.jpg
P6230020-m.jpg
P6230028-m.jpg

ネジバナ  

もうネジバナも咲きだしていました。ここでは右巻きや左巻き、挙句の果てねじれの無いものまでいろんなタイプのネジバナに会うことが出来ました。
P6230046-m.jpg
P6230050-m.jpg
P6230054-m.jpg
P6234009-m.jpg
P6234010-m.jpg

スズメ  

手作りのバードフィーダーにやっと小鳥がくるようになりました。まだまだスズメが多いのですがたまにはヤマガラもくるんです。
最近はスズメに追いやられてしまってめっきり…。そうそう、どうやらすぐ横の林の中でカワセミが子育てをしたようで、ヒナに餌をやる時のあの鳴き声が頻繁でした。
P6220103-m.jpg
P6220227-m.jpg
P6220233-m.jpg
P6220252-m.jpg
P6220257-m.jpg
P6220277-m.jpg

カキラン  

やっとカキランが咲きだしてくれました。高原の湿原はまったく早いようで、急遽戻って来た次第です。
ことしは魚の威力を如何に発揮できるかと秘かにもくろんだ構想があったのですがあえなく退散の羽目と相成りました。それでもこれまでとはちょっと違った雰囲気が出せたのではとチョットだけ自己満足です。
P6203956-m.jpg
P6203960-m.jpg
P6203963-m.jpg
P6203967-m.jpg
P6203969-m.jpg
P6203971-m.jpg

コバギボウシ  

川辺にコバギボウシが咲きだしていました。“川の流れを入れて”なんて考えてみましたがなかなか思うようにはいきません。
今季はじめてですからまあ良しとしましょう。
P6170002-m.jpg
P6170005-m.jpg
P6170007-m.jpg
P6170011-m.jpg
P6170013-m.jpg
P6170016-m.jpg

▲Page top