新 Lafu Nature

野鳥や山野草・風景など自然がいいんです

エンシュウハグマ  

エンシュウハグマが咲きだした。まだ数株でしかないが、待ちに待っていた花だ。もう数日もすればここも賑やかになるだろうなぁ~。
P9270266-m.jpg
P9270271-m.jpg
P9270279-m.jpg
P9270283-m.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

イワシャジン  

ことしもこの花「イワシャジン」は“あきみちゃ”達を裏切らない。日程を合わせたかのようにいつもこの時季ななるとこの地を訪れる。
きょうは空模様が思わしくない。いつ降り出しても不思議ではない。せめて午前中だけでもと脇目もふらず一目散に此処までやって来たがことしはチョット咲いている場所が高い。長いレンズを持ってきたのが幸いした。
P9240372-m.jpg
P9240377-m.jpg
P9240414-m.jpg
P9240418-m.jpg
P9240419-m.jpg
P9240421-m.jpg
P9240428-m.jpg
P9240438-m.jpg
P9240440-m.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

カラスノゴマ  

ちょっと下向きにあまり出しゃばらず咲いているカラスノゴマ。カラスに見つからないように咲いているわけでもないだろうに…。
あまり派手ではありませんがそんな控え目なところが好きなんですねぇ~。
P9270284-m.jpg
P9270285-m.jpg
P9270286-m.jpg
P9270290-m.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村

クサボタン  

此処のクサボタンはシロバナ?、本命の花そっちのけでレンズを向けたのです。空模様が怪しいってので一目散に此処までやって来たのですが、この花を見せられたんじゃあってひとりはしゃいでしまいました。ことしなかなか思うように撮れなかったので今日こそはと目論んだのでした。
P9240366-m.jpg
P9240394-m.jpg
P9240449-m.jpg

星景写真に  

先だって星景写真のセミナーに参加するチャンスに恵まれた。コンポジットや比較明合成法など専門的な画像処理の方法や星を流して撮る方法やショット撮影などのテクニックも…。
早速地元の高原に練習に出かけてきました。はじめての撮影でこれで良いのか悪いのかもまったくわかりません。ご指南いただけると嬉しいです。
P9220342-m.jpg
P9220344-m.jpg
P9220346-m.jpg
P9220353-m.jpg

トリカブト  

ヤマトリカブトなのかカワチブシなのかまったく区別がつかない。地区からすればヤマでイイと思うのだが…。
もう少し何とかならないものかとつい一人考えてしまう。せめて色だけでもと苦難するのでした。
P9180207-m.jpg
P9180208-m.jpg
P9180213-m.jpg
P9180226-m.jpg
P9180227-m.jpg

アケボノソウ  

アケボノソウへの思い入れはチョット深い。花そのものは云うこと無し、満点なのだが全体の風貌たるやまったくのカメラマン泣かせ、思うような画はまったく撮らせてもらえない。今年こそはと虎視眈々ともくろんで夕焼けの景を狙ったのだが空は赤くなってくれない。もぅ~。
P9180217-m.jpg
P9180221-m.jpg
P9180249-m.jpg
P9180270-m.jpg
P9180283-m.jpg
P9180292-m.jpg
P9210328-m.jpg
P9210331-m.jpg
P9210333-m.jpg

マルバルコウ&ニラ  

う~ん、ヒルガオ科かぁ~。分るような気がする。しかしニラがユリ科ってのがどうも合点がいかない、なぁ~。
マルバルコウ
P9200297-m.jpg
P9200298-m.jpg
P9200302-m.jpg
ニラ
P9200305-m.jpg
P9200307-m.jpg
P9200311-m.jpg

ヒガンバナ  

おなじみの竹林に咲くヒガンバナ、E-M1のパノラマ撮影の練習だ。この機能ピント合わせがAFになってしまうのでチョット厄介である。普段MFばかりで撮っているので要領が悪い。はじめのショットでピンをあわせてしまうので次からのショットがボケボケ!なんとか対策を講じなければ、もう一度リベンジだ。先生付き合ってッ!
higannbana-m.jpg
P9190085-m.jpg
P9190088-m.jpg
P9190090-m.jpg
P9190091-m.jpg

ボタンクサギ  

中国原産の帰化植物のようですがなんて綺麗な花なんだろう。深い森の中で見つけると尚更である。
ボタンクサギ、別名ベニバナクサギ、ヒマラヤクサギ。普段見掛けるクサギよりも臭いが強烈で撮っている足元から臭くて臭くて…。はじめ名前も分らなかったのですが、臭いからしてクサギの仲間ではと思いネットで調べてみました。もちろん初見の花でした。
P9190100-m.jpg
P9190102-m.jpg
P9190106-m.jpg

▲Page top