新 Lafu Nature

野鳥や山野草・風景など自然がいいんです

ビッチュウフウロ  

ビッチュウフウロが賑やかだ。花弁の模様が鮮やかだからすぐわかる。いくつかの花にピンを合わそうとするがそう簡単ではない。雨の中じゃあ根気も失せる。いつかリベンジしなきゃあなるまい。
P8300322-m.jpgP8300325-m.jpgP8300326-m.jpgP8309918-m.jpgP8309921-m.jpgP8309925-m.jpgP8309926-m.jpg






スポンサーサイト

キツネノカミソリ  

風景対ヒガンバナ、どちらかと言えば風景に重きを置いてしまう。ここは三河の奥入瀬。季節によっていろんな花を楽しませてくれる。ヒガンバナには少し遅かったが雨上がりの川霧がうっすらと立ち込めてイイ感じでした。
P8229657-m.jpgP8229674-m.jpgP8229682-m.jpgP8269737-m.jpgP8269739-m.jpgP8269741-m.jpg





マネキグサ  

この日は朝からひどい降りよう。全国的に荒れ模様だからしょうがないと云えばそれまでだが、それでもあきみちゃの写欲は治まらない。北の空が明るいのだけを頼りに相棒を走らせる。なんという強運とでもいおうか此処の周辺だけは完全に雨も上がっている。絶好の撮影条件だ。まるでマネキグサに招かれたようでした。
P8239688-m.jpgP8239704-m.jpgP8239705-m.jpgP8239707-m.jpgP8239712-m.jpgP8239713-m.jpgP8239714-m.jpg






イケマ  

あらまぁ~イケマって良く見ると結構イケるじゃん!ひとりでいたらおそらくイヤ絶対撮らなかったと思うんですが、誰かのおすすめで綺麗だよ、綺麗だよって云うんで…。 いやいや失礼いたしやした、イケマちゃんっ!
P8209617-m.jpgP8209618-m.jpgP8209619-m.jpgP8209623-m.jpgP8209642-m.jpgP8209643-m.jpg





コフウロ  

コフウロのチョットした群落があった。こう云う花が好きなんですねぇ~。たっぷり時間をとって撮りたいんですがまだまだ先は長いよぉ。だって此処に着いたばかりなんだから。
P8209540-m.jpgP8209542-m.jpgP8209544-m.jpgP8209546-m.jpg



オオビランジ  

初見の花オオビランジ、ここで見られるとは思ってもいませんでした。長いレンズを持っていなかったからなおさらだ。高い岩場に咲いていると聞いていたからまさかこんな足元で咲いているとは、嬉しいじゃあありませんか。ナデシコ科のはなには何故か淡い思いを感じますねぇ~。
P8209584-m.jpgP8209583-m.jpgP8209604-m.jpg


レンゲショウマ  

この時季超人気のレンゲショウマ、この姿をみたらみな虜になること間違いなし。あきみちゃもここ数年来通いつめるはめになってしまいました。なかなかいい状態のときに巡り合えることはありませんでしたがことしはイイ。ゆっくりショウマと話し合いたかったのですがギャラリーも多く叶いませんでした。
P8190284-m.jpgP8190290-m.jpgP8199493-m.jpgP8199498-m.jpgP8190291-m.jpg




カリガネソウ  

今年はカリガネソウに一喜一憂している。なんど通ってもまともな状態に出逢えない。まったく咲いていないところや、いつまでたっても咲き揃わないところや…。もうじれったいったらありゃしない。
P8199515-m.jpgP8199519-m.jpgP8199522-m.jpgP8199523-m.jpgP8199533-m.jpg




ミツモトソウ  

ピーカン天気の中での黄色い花、超難度の高い花である。がミツモトソウと聞いては撮らない訳にゃぁいかない。以前この花には散々泣かされた。慎重に挑戦したつもりだが…。いくらかはマシになったかな?
P8209561-m.jpgP8209562-m.jpgP8209564-m.jpg


コゴメバオトギリソウ  

レンズの選択を間違えてしまった。ピーカンでコゴメバオトギリソウの葉もチリジリ!ファインダーを覗いていてもどうしようもない。ピンはこないし色もまったく出ない。証拠写真だけでもと撮っては見たが…。帰り際日陰に咲いているのを見つけなんとか画にすることはできました。(後ろの2枚)
P8209537-m.jpgP8209538-m.jpgP8209635-m.jpgP8209636-m.jpg



▲Page top