新 Lafu Nature

野鳥や山野草・風景など自然がいいんです

ハッチョウトンボ  

ひさしぶりにハッチョウトンボの住む湿原にいってきました。ミミカキグサやモウセンゴケが満開でしたがそれらの花はそっちのけでハッチョウトンボに夢中になってしまいました。望遠レンズとマクロのレンズをとっかえひっかえしての苦肉の策をご覧ください。
P6290050-m.jpgP6290077-m.jpgP6290091-m.jpgP6290095-m.jpgP6290097-m.jpgP6290139-m.jpgP6290142-m.jpgP6290146-m.jpgP6290154-m.jpg








クリンソウ  

いくら大気が不安定ったってひょうまで降ってきたんじゃあ花探しも諦めざるをえない。しょぼん しかし折角ここまで来たんだから手ぶらで帰る訳にもいかん。なんとかせにゃあってなわけで最悪のケースを想定しての予備ポイント、クリンソウの咲く池を覗いてみました。幸にも先ほどの雨も上がり最高のシチュエーション。いっきにテンションが上がったのでありました。
P6258838-m.jpgP6258839-m.jpgP6258840-m.jpgP6258843-m.jpgP6258853-m.jpgP6258854-m.jpgP6258860-m.jpgP6258861-m.jpgP6258864-m.jpgP6258865-m.jpg









コフタバラン  

一枚の葉が小指の爪くらいの大きさ、ヒメよりさらに小さいコフタバランです。そこにあることを知らない限り見つけることはまず難しい花です。すこし遅かったようですがこれも初見の花、課題を残す一輪になりました。
P6208768-m.jpgP6208775-m.jpgP6208777-m.jpg


タツナミソウ&ギンリョウソウ  

今季ギンリョウソウを撮る機会を逸していました。きょうタツナミソウの傍らに咲いている様を見つけたときにはそれはもう大感激、タツナミソウは命が短い。今日しかない。そんな思いで夢中でシャッターを切ったのでした。それぞれにアップするよりもコラボでご覧ください。いいでしょう。納得?
P6208779-m.jpgP6208784-m.jpgP6208785-m.jpgP6208789-m.jpgP6208792-m.jpgP6208796-m.jpgP6208798-m.jpgP6208801-m.jpg







ナツノハナワラビ  

ナツノハナワラビってのがあるんですねぇ~。フユノ…ってのは知っていたんですが。ハナヤスリ科ってのもはじめて知りました。何事も勉強勉強。
P6208740-m.jpgP6208742-m.jpgP6208743-m.jpg


ネジバナ  

ネジバナは夏がお似合いだ。とくに日射しが強い日は最高に絵になる。青空と濃いピンクはたまらなく写欲をそそられる。お気に入りのフィールドに出かけて見たががそんなに簡単なものではない。腰を痛めないように座り込んで撮ることにしよう、
P6238809-m.jpgP6238811-m.jpgP6238812-m.jpgP6238814-m.jpgP6238817-m.jpg




ヒトツボクロ  

ヒトツボクロを見つけることはなかなか難しい。そこにあることを知っていないとまず無理だろう。この花は貴重な一枚の葉を入れて撮りたいのだが、それもなかなか簡単ではない。花全体のピンも考えるとけっこう難度の高い花だ。ひとつの株をあっちからこっちから苦労したのでした。
P6208755-m.jpgP6208758-m.jpgP6208759-m.jpgP6208762-m.jpg



またまたオククルマムグラ  

アッシ達だって負けちゃあいられないぞ!って云っているのはオククルマムグラ。前日掲載のヒロハコンロンソウの隣の沢で一面にに咲き乱れている。日射しがつよく難儀したが茎の刺と葉の周辺にある毛を確認したかった。最後の写真はトリミングでアップしたものです。
P6130046-m.jpgP6138710-m.jpgP6138711-m.jpg


ヒロハコンロンソウ  

ヒロハコンロンソウがひと際輝いている。これだけ一斉に咲いていれば否応にも目に留まる。ここはお得意のレンズ登場だ。久しぶりのE-M1と35-100mmのコンビネーション。如何だろう! あとの2枚は50mmで…。
P6130040-m.jpgP6130042-m.jpgP6138702-m.jpg
P6138703-m.jpg


イチヤクソウ  

最近イチヤクソウの育む環境が分かって来たような気がする。我ながらたいしたものだ。小砂利交じりの水はけのいい土壌がいい。日射しも適度に、カンカン照りつけるようではいけない。痩せた土壌なら背丈も低くてなおいい。写真の対象には打ってつけだ。
P6138674-m.jpgP6138678-m.jpgP6138700-m.jpgP6168720-m.jpgP6168724-m.jpgP6168726-m.jpgP6168729-m.jpg






▲Page top