新 Lafu Nature

野鳥や山野草・風景など自然がいいんです

オオハクチョウ  

いよいよ今年も最終日。
いつもこのブログにお越しいただきありがとうございます。またフィールドでお会いできました方々、一年間本当にありがとうございました。

 来年もまた素晴らしい年でありますよう
   お祈り申し上げます。
PC250746-s.jpg
いつも近くからばかりにとらわれていましたが、はなれて見てはじめてその風景に魅せられました。
カワウとのコラボなんてちょっとステキでしょ!

スポンサーサイト

菜の花  

菜の花が咲いていた。この地方は一年中菜の花が見られるような気がする。今だからこそ撮ってみよう。
PC240395-s.jpgPC240399-s.jpgPC240403-s.jpg


たくあんの稲架(はざ)掛け  

渥美地方の風物詩、たくあんの稲架(はざ)掛け。大根海岸ってのあるくらい渥美では知らない人はいない。むかし渥美沢庵は有名だったが今ではかげが薄くなってしまった。
PC240333-s.jpgPC240323-s.jpgPC240342-s.jpgPC240356-s.jpgPC240373-s.jpgPC240382-s.jpgPC240359-s.jpgPC240393-s.jpg







シノリガモ  

シノリガモ、これほど厄介で難しい奴は他にいない。太陽の光線や天候に左右されまったく思うような色が出ない。諦めが肝心だ。この日も朝早くから出向いたのだがまったく相手にしてもらえない。お手上げじゃ。
PC250245-s.jpgPC250243-s.jpgPC250241-s.jpgPC250265-s.jpgPC250274-s.jpgPC250292-s.jpgPC250298-s.jpgPC250308-s.jpg







イソヒヨドリ  

ここの磯にはこのイソヒヨドリがよく似合う。ここに来るたびに顔を見せてくれるのだからたまらなく可愛くなってしまう。この子でなくちゃあならない。名前をつけてやらなくっちゃ。
PC250471-s.jpgPC250498-s.jpg
PC250512-s.jpg

カワアイサ  

カワアイサはなかなか「しわい」鳥でまともには撮らせてもらうことは出来ない。非常に警戒心が強く少しでもこちらの姿を見せ様なものならすぐに飛び立ってしまうかその場から離れてしまう。
ここのカワアイサはどういう訳か人慣れ?していてこんな近くで撮ることはこれまで出来なかった。
PC250536-s.jpgPC250611-s.jpgPC250713-s.jpg


シメ  

ことし初見のシメ、カワセミを待っている間に顔見せしてくれた。1羽だけだが水を飲みに来たようだ。ここの公園にはいろんな野鳥が来て退屈しない。そろそろ本番でしょうか。
PC230343-s.jpgPC230348-s.jpgPC230358-s.jpgPC230359-s.jpgPC230361-s.jpg




ジョウビタキ  

やっと今季なんとかジョウビタキを撮ることが出来た。いつものことならジョビなんかと思うのだが今年はちょっと思惑が違う。まだまだこれからとも思うのだが…。
PC230005-s.jpgPC230030-s.jpgPC230040-s.jpgPC230054-s.jpgPC230055-s.jpgPC230079-s.jpgPC230094-s.jpg






ハイタカ&オオタカ  

写真はピンが少しあまい方が良い!なんて言っている人が居るとかいないとか…。
そんなつもりではないのだが、ボケボケばかり。下見のつもりでAFの利くレンズは持っていない。800では長すぎて獲物を捉え切れない。近すぎて、早すぎて…。明日リベンジしよッ!
PC220032-s.jpg
PC220038-s.jpg
PC220072-s.jpg
PC220077-s.jpg


雪国の風景  

1枚目、そうそうここの雪景色を撮っている時突然上空に「クマタカ」現る!音もたてず羽ばたきもせずスウーっと通り過ぎてゆく。なんで何時もこうなの!って言いたくもなるよね。またもクマタカ撮れませんでした。グスッ!短い広角レンズでしかもMF設定じゃあ何ともなりません。

天気予報では昨夜から今日一日雪模様。心ウキウキで出かける三人衆でした。が…雪が…。
ちょっと物足りなさを感じながらも三人の顔はホント子供のよう、今季初の雪景色に満足そうでした。
PC190108-s.jpgPC190107-s.jpgPC190113-s.jpgPC190116-s.jpgPC190120-s.jpgPC190124-s.jpgPC190126-s.jpgPC190127-s.jpgPC190131-s.jpgPC190136-s.jpg









▲Page top