新 Lafu Nature

野鳥や山野草・風景など自然がいいんです

タチイヌノフグリ  

先日ちょっと触れたタチイヌノフグリです。ホント小さな花でわずか3~4㎜しかありません。よほど注意して探さないとまず見つからないでしょう。
 そんなわけでまともに撮ったんではまったく見られたもんじゃありません。マクロレンズにマイクロスライダーを駆使して撮ってみました。茎が真っすぐに直立しているのもオオイヌノフグリとは違いますね。

tatiinunohuguri02.jpg
tatiinunohuguri03.jpg
tatiinunohuguri09.jpg
tatiinunohuguri10.jpg
tatiinunohuguri11.jpg
tatiinunohuguri13.jpg
tatiinunohuguri14.jpg

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただけたら嬉しいです。


写真(植物・花) ブログランキングへ

オオイヌノフグリ  


P3090093.jpg
P3090099.jpg
P3090101.jpg
P3090102.jpg
P3100016.jpg

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただけたら嬉しいです。


写真(植物・花) ブログランキングへ

クワガタソウとコテングクワガタ  

どちらもオオバコ科のクワガタソウとコテングクワガタ。その違いが少しでも判ればと両方をアップしました。
 クワガタソウは湖の周辺のちょっと湿ったところに、コテングはキャンプ場の日当たりの良いところに群生していました。

クワガタソウ
M20160524_097-m.jpg
M20160524_098-m.jpg
M20160524_100-m.jpg
M20160524_104-m.jpg
M20160524_107-m.jpg

コテングクワガタ
P5230172-m.jpg
P5230175-m.jpg
P5230177-m.jpg


写真(植物・花) ブログランキングへ

オオイヌノフグリ  

オオイヌノフグリ(オオバコ科)、一度は真剣に撮らなくっちゃ!って常々思ってはいますがなかなか画になるような子は見当たりません。
 「梅か桜の下、魚レンズでど~んと壮大に」って妄想だけは膨らんでいますがそうそう簡単ではありません。まだまだ花さがし続きそうです。
P2250122-m.jpg
P2250125-m.jpg
P2250129-m.jpg
P2250134-m.jpg
P2250136-m.jpg
P2250138-m.jpg
P2250141-m.jpg


写真(植物・花) ブログランキングへ

フラサバソウ  

フラサバソウ(オオバコ科)も陽が射して来ないと花が開かない。小さいくせに生意気な奴だ。
イヌノフグリににてはいるがこいつは毛もじゃもじゃ、いつかの誰かさんを思い出す。それでも撮るにゃぁちょっとばかり難儀でどこをどう撮るかでまったく違ったものになってしまう。おまけにちょっと強い風が吹いて来たり、触ろうものなら花ポロリ落ちてしまう。ひげずらに似あわずなんとデリケートな…。きょうはマクロで迫ったが。
furasabasou-77
furasabasou-83
furasabasou-87
furasabasou-86
furasabasou-90
furasabasou-92
furasabasou-93

▲Page top