新 Lafu Nature

野鳥や山野草・風景など自然がいいんです

イワカガミ  

ここに咲くイワカガミはすべて真っ白。ピンクに染まるのを探すのはなかなか難しい。ヤマだかナンカイだか知らないがお気に入りのポイントです。
 去年はあの亡き女史と連れ立って行ったんですよねぇ。

P4280254.jpg
P4280265.jpg
P4280278.jpg
P4280287.jpg
P4280288.jpg
P4280296.jpg
P4280303.jpg
P4280308.jpg
P4280312.jpg
P4280315.jpg

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただけたら嬉しいです。


写真(植物・花) ブログランキングへ

イワウチワ  

昨年発掘したイワウチワの絶好のポイント。車横づけで撮ることができ足腰の弱い我らにはたまらなく嬉しいところです。おまけにギフチョウが乱舞するとあってはここへ寄らないわけにはまいりません。こんかいは逆回りのコースへ挑戦してみたのですが敵いませんでした。ここだけで一日が終わってしまいそうです。

P4250049.jpg
P4250051.jpg
P4250022.jpg
P4250026.jpg
P4250046.jpg
P4250034.jpg
P4250035.jpg
P4250048.jpg
P4250081.jpg

おまけ:スミレに止まったギフチョウ
P4250083.jpg

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただけたら嬉しいです。


写真(植物・花) ブログランキングへ

コイワカガミ  

ここ千畳敷カールのコイワカガミは低山~亜高山に分布するイワカガミの高山型。太平洋側のヒメイワカガミや我が三河に咲くヤマイワカガミとは大きく異なる。
 この日は雨上がりのような流れる霧が立ち込め、写真撮影には何とも言えない雰囲気を醸し出してくれました。
koiwakagami_002-m.jpg
koiwakagami_005-m.jpg
koiwakagami_006-m.jpg
koiwakagami_007-m.jpg
koiwakagami_008-m.jpg
koiwakagami_009-m.jpg

ブログランキングに参加しました。
クリックしていただけたら嬉しいです。


写真(植物・花) ブログランキングへ

イワカガミ  

早朝の野反湖はとにかく寒かった!が魅力いっぱい。とうがらし入りではなかったが特性ののおにぎりをほおばり、コッヘルでコーヒーも沸かす。ここでのワークショップでは朝露いっぱいのワレモコウを撮ったそうな。きょうはそんな条件にぴったり。
 イワカガミも朝露いっぱい浴びているのだがそれを撮るにゃあちょっとばかし腕が足らなかったようだ。
P5230012-m.jpg
P5230016-m.jpg
P5230019-m.jpg
P5230021-m.jpg
P5230023-m.jpg
P5230024-m.jpg
P5230123-m.jpg



写真(植物・花) ブログランキングへ

イワウチワとギフチョウ  


 いつもなら先生は早々に向きを変え引き返してしまう。しかし今日の先生はいつもと違う。「もう引き返そう」、「もう向きを変えよう」と云ったってなかなか聞き入れてくれない。どんどん先へ先へと車にムチを入れる。とうとう怪しげなところまで来てしまいました。

 ここは〇〇源流。コシノチャルメルやミヤマカタバミ、キクザキイチゲにイワウチワ、ケイリュウタチツボなどなど賑やかな沢だ。ギフチョウも飛び交う。“此処でとらにゃぁどこで”ってんで荒狂うようになってしまう我等でした。
 そして反対側の斜面にイワウチワの群落を見つけた時にはそれはもう想像すらできない我等撮影隊でした。

P4130292-m.jpg
P4130293-m.jpg
P4130286-m.jpg
P4130288-m.jpg
P4130297-m.jpg
P4130298-m.jpg
P4130303-m.jpg
P4130309-m.jpg


写真(植物・花) ブログランキングへ

▲Page top